現在、転職を検討しているみなさまはどのような求人の探し方をしているでしょうか。
最近では医師を対象とした専門の求人サイトが増えているため、以前と比較すると友人や知人のツテを使うようなことも減ってきたのではないかと思います。

これを現在ご覧のみなさまは一体どのような方法で医師募集を探されているかは分かりませんが、実は「気をつけるべき求人」というものが世の中にはあります。
医療業界以外の一般業界では何度となく話題になったのですが、実は医師の求人においてもそのような問題が人知れず広まっていると聞きます。
分かりやすいところでお話をしますと、例えば「ブラックな求人」などもその一つです。
少々極端な例かもしれませんが、いざ入ってみてからブラックだったと気付くこともあれば、実は求人情報に記載された内容から上手に判断できるようなことも少なくありません。

今では、このような少々ブラックな求人も増えてきているようで、一般の転職サイト利用者の間でも、求人情報のこういった部分には気をつけるべき、という情報が広まっています。

そのような情報をまとめているサイトはそれほど数が多くないかもしれませんが、やはり読んでみると「自分一人では気付くことができなかった」情報もたくさん掲載されていますので、もし何かの機会がありましたら、ぜひ一度検索されてみてはいかがでしょうか。

「ブラックな医師募集求人には傾向がある?」


今回、様々な角度から医師が気を付けるべき求人情報についてお伝えしてまいりたいと思っているのですが、やはり求人情報からそういったポイントを探すのは難しいのでは?と皆さんもうすうす感じられているのではないかと思います。
しかし、よく見てみるとそういった求人にはある特徴や傾向といったものがあります。
転職情報を探し始めたときにはなかなか気付くことが難しいかもしれませんが、求人を長期にわたって探し続けていると、様々な事実が見えてくるのです。

また、もう一つ大切なことは求人動向を事前にチェックすることです。
良さそうな条件だからといって簡単に応募をせず、あらかじめ市場の動向からみて、この求人はどうなのだろうと判断する癖をつけておけば、安易な求人に引っかかる可能性も低下するでしょう。
ともあれ、理論だけではなかなか避けることが難しいのも事実ですので、次記事以降は失敗する原因を「具体的な失敗談」と共に、様々な角度からお伝えしていきたいと思います。
ぜひ参考にしてみてください。

”ブラック病院”について

 

伊東先生

皆川先生、僕の友人が最近、別の病院に転職したんですがそこがすごいブラックな病院だったらしく鬱になりそうって連絡が来たんですよ。
転職してばっかりだから辞めずらい気持ちと、求人内容とのあまりの違いに今すぐ辞めたい気持ちがあって、今すごく悩んでいるみたいなんです。
転職が決まった時はすごく喜んでいた友人を知っているので、いいアドバイスをしてあげたいんですが皆川先生はどう思いますか?

皆川先生

ん〜、それはよくある"ブラック病院"だったって事ですね。
最近、医療機関に関わらず一般企業でもブラック企業っていうのが多くて問題になっていますよね。
我慢して仕事をそのまま続けていると体調を崩してしまったり、精神を病んでしまったり心身のバランスが取れなくなってしまうので我慢は良くないと思いますよ。
人の病気を治す仕事の医師自身が、病んでしまったら元も子も無いですからね。
だから個人的には、伊東先生のご友人の医師にも転職を進めたいんですが、その前にそのご友人は転職時にきちんと情報収集など行っていたのでしょうか?

伊東先生

そこなんですよね。
僕から見ても転職を決めてから結構あっという間に決めていたので、もしかしたら安直に転職先を決めてしまったんじゃないかなと思っているんです。

皆川先生

やはりそうなんですね。
求人内容に実際とは違う事を記載して、募集をしている医療機関側が一番悪いのは確かなのですが、現実問題そういう「求人詐欺」が横行しているのは当たり前の時代なんです。
だとしたら、やはり自分で求人内容を見極める力をつけないといけないのです。
伊東先生は医師の転職において、大切な事はなんだと思いますか?

伊東先生

そうですね・・・えーとなんでしょう。
やっぱり情報収集ですか?
ネットで口コミを調べたり、知り合いの医師に聞いてみたりですかね?

皆川先生

そうですね、それも大事です。
あと、なるべく色々な求人を見比べる事も重要です。
複数の求人情報を見ているとわかってくる事があると思うんです。
給与に幅があったり、高すぎたり、誇大表現していたり、募集期間が長かったり、何度も募集を出していたり・・・。

伊東先生

なるほど。
一見、好待遇ですごく良さそうな求人だったとしても裏を返せば、そうせざを得ない理由があるってことですもんね。
それは、長時間勤務だったり、休日が貰えなかったり、人間関係だったり、すぐに人が辞めてしまうような環境だったり・・・色々理由はあると思いますけど。

皆川先生

はい、そうです。
そういう事です。
なので、やはり転職を決める前になるべく多くの情報を集める事が大事なんですね。
あと少し面倒に感じるかもしれませんが、実際に転職を考えている医療機関に見学に行くこともオススメです。
職場の雰囲気などを目や体で確認することは自分の為にもなりますよ!
自分が働いた場合のイメージもしやすくなりますしね!

伊東先生

そうですね!私もそう思います!!
友人にもそうアドバイスしてあげたいと思います。

皆川先生

あっ、あと忘れがちなのが体験談ですね。
転職を経験した人の体験談を聞くといいですよ。
失敗談なんか特に、転職をする際に参考になると思います。
「転職に失敗するケース」を多く知っていれば、転職失敗に対しての対策がしやすくなりますからね。

伊東先生

ふむふむ、なるほど!
勉強になります。
友人が次こそはいい求人に巡りあえるように僕も協力したいと思います。
ありがとうございました!