医師募集をご覧の医師のみなさまにお伝えしておきたいのですが、今医療業界においては医師が転職を検討する機会がとても増えてきています。
昨今の社会経済への不安などがその背景にあるものと思われますが、転職をしたからといって決して待遇や条件が必ずよくなるとは限りません。
現に、転職を行った医師の中には成功した方もいれば、失敗した方もいます。
そこで、今回お伝えしたいのが「どうして失敗してしまう医師がいるのか」というポイントです。
これを幾つかの要素に分け、少しまとめてみました。

「1. 安直に決めてしまう」


まず、何よりも危険なのが安直に考えてしまい、良い条件の仕事をみつけるとすぐに決めてしまう方です。
気を付けておきたいポイントは数ありますが、中でもこれは危険な例と言えるでしょう。
たとえ素晴らしい求人情報が見つかったとしても、極力注意をした方がよいものです。
記載されている条件を守らない病院もありますので、衝動的に進めてしまわないようにしたいところです。

「2. 下調べを怠っている」


先ほどの安直に決めてしまうというポイントと密接に通じているのが、この下調べについてです。
求人案件などを鵜呑みにしてしまうと、その求人に書かれていることが本当に正しいのかを判断する材料がなく、取捨選択を行うことができません。
転職に関しては、どれだけ下調べをしても足りないぐらいですので、気になっている病院の実態、求人相場など、様々な角度から検証をして然るべきでしょう。

「3. 情報収集を軽んじている」


そもそも、基本的に情報収集を行わないとする方は多くの場合、失敗してしまう可能性が高いと言えます。
それはそのはずで、何を信じればいいのかという指針が全くない(あるいは根拠なく自分を信じている)からです。
客観的に見てどうなのか、という分析をするためにも情報収集は必須と言えるでしょう。
むしろ、逆に言えば転職を成功させるためには入念な情報収集が必須となるのです。
これはぜひ覚えておいて頂きたいポイントと言えます。

「4. 目先の情報に踊らされやすい」


最後にお伝えしておきたいのがこれです。
全てのポイントと共通しているのですが、安易に目先の情報に流されやすい人は失敗をする確率がきわめて高いと言えます。
失敗とは言わずとも、本来であればより好条件で転職することができるにも関わらず、流されてしまった為に…という例は枚挙に暇がありません。
目先の情報ではなく、情報が確かなのか、という部分から調べる癖は最低でもつけておきたいところです。