医師募集を探す際にもっとも気を付けておきたいのはコレかもしれません。
それは「常時募集がかかり続けている求人」の存在です。
この問題がネックなのは、なんといっても一見しただけではそれを見抜くことができないからです。
それもそのはず、そもそも常時募集をかけているかどうかということは「長期的に求人を探していないと判断することができない」ですよね。
つまり、この問題に関して言えば「いつも募集をかけているかもしれない」と、常に求人に対して疑ってかかる癖をつけておくことで対処するのがベターなのかもしれません。
また、良さそうな求人を見かけた時には、すぐ応募するのではなくあらかじめ前もって「転職サイト運営サイドに」確認するという方法もあります。
応募を検討しているが、この求人はいつ頃から募集がかかっているのかと、担当の方に尋ねれば、自ずと答えは見えてきます。

ちなみに、何故このような求人が出ているのか、その理由はみなさんご存じでしょうか。
その答えとしては、3つほど考えられることがあります。

1つ目は“人材が集まらない”ということ。


人材不足が叫ばれていますが、働きたいと感じる場所が少ないのが現実です。
そもそも、求人を長らく出し続けているということは人材不足が慢性化しているということの現れであると、判断することができるのではないでしょうか。

2つ目は“人がすぐに辞めてしまう”という点です。


折角応募があったとしても、定着しない職場、これも結構多いパターンです。
長い間求人が掲載され続けているわけではなくとも、求人が出たり無くなったりを繰り返しているという場合も考えられるというわけですね。

そして、3つ目は“そもそも問題がある”パターンです。


経営方針、運営方針、人間関係などを含め、人が寄り付かないような問題がある場合にも、このような事態が起こります。
これら3パターンには、絶対にハマらないよう、気を付けておきたいところですね。
では、このような案件に応募した方の体験を少しご紹介したいと思います。

「医師の失敗体験談:求人要項には何の問題もなかったはずが…」


私自身、求人には色々な問題があることを聞いていたので、仕事を探すときには十分に注意していました。
そんな時、何度か目につき気になっていた仕事があったので、思い切って応募してみたのです。
しかし。
無事に採用された後にとてもショックな事がありました。
確かに求人内容には嘘偽りはなかったのですが、病院を経営している方の感覚があまりにもビジネスライクに偏っており、患者さまのことには全く無関心。
看護師の方もプライベートなことを患者さまの前で気にせず話すなど、病院としてここはどうなのだろうと感じました。
もちろん、比較的短期間で辞めましたが、このようなことは求人情報には掲載されないようなことなので注意のしようがありません。
しかし、また辞めた後には求人が掲載されており、定着率が低い病院は短期間で求人を何度も掲載しているのだなと、私は今回の件で思いました。